自分だけのオリジナルプリントtシャツを作ってみよう

作る枚数とデザインから決めていく

tシャツは自分の世界を表現できるキャンバスです。市販のデザインから選んでいくのもいいですが、そのキャンバスに自分らしさを描いてオリジナルのtシャツを作ってみても素敵ですよ。とても簡単なのでトライしてみましょう。作る上で知識として入れておきたいのがプリント法になりますが、作る枚数によってある程度、方法が決まってきます。加えて図柄によってもどの方法がいいのかが絞られてくるので最初に、作る枚数とデザインをどんなものにするのかを決定しましょう。

どんな方法が適しているのかを知っておく

作る枚数やが少ない時や多色混合のデザインの時に向いているのが転写です。写真やカラフルなイラスト、背番号や個人名などを入れる時に向いている方法になります。また、生地に直接印刷していくので、縫い目やリブ部分にもプリントが可能なのがインクジェットです。CGなどでぼかし加工をした写真や繊細なイラスト、グラフィックデザインなどを使いたいときに適しています。そして、枚数が多くなる時や追加プリントの可能性がある場合などは、シルクスクリーンという方法があります。ロゴなどをプリントしたいと考えているときなどに適した方法です。これらを知っておくだけでも、どんなものが作れるのかをイメージしやすいでしょう。

どこにつけるのか位置にこだわろう

せっかくオリジナルのtシャツをつくるのですから、デザインの位置にもこだわることが大事です。前身頃は意外と見えている範囲が広いです。前面にイラストやロゴなどを入れ込むことができると考えている人も多いですが、だいたい20cm四方におさめると前方からキレイに見えます。あまりにも大きすぎるとバランスが悪くなりますし、横長の図柄になると両端の図柄が脇の部分に回り込んで見えなくなってしまうので注意しましょう。特に女性はバスト部分があるので、平面状と着衣した時のことを考えてから配置するようにします。一方、後ろ身頃の場合は、30cm四方ぐらいまでなら広げても問題ないです。ちなみに転写方式の場合は、縫い目やリブ付近、プレス機の圧力が均一にかからない部分に関しては、プレスができません。その位置に図柄を持ってきたい場合は、インクジェット方式なら可能です。オリジナルだからこそ、ここまでこだわることができ、自分だけのベストポイントを探すことができます。自分の好きなデザインがばっちりと決まる位置に盛ってくることができる方法を模索しましょう。