資格お持ちの方向けの施工管理関係の求人を見つける裏ワザ

施工管理の仕事は建設現場の責任者として大勢の職人や作業員を束ねて、スケジュールや予算、安全面などの管理、監督を行います。施工管理にも種類があり、ビル、マンション、戸建てなどの建物を担当する建築施工管理、道路や鉄道、河川、インフラ整備の分野を担当する土木施工管理、公園や緑地整備を担当する造園施工管理、電気、水道、ガス配管などの工事を担当する管工事施工管理があります。それぞれに資格があり、持っていることで転職にも有利です。建築業界は人手不足が続いており、資格を持っている方は即戦力として重宝されます。特に都心部では多くの建設現場があり、求人数も多いので希望の現場を探すことができます。インターネット検索で施工管理の求人を多く扱っているサイトで探すのが効率よく探せます。

施工管理の求人への応募と採用へのコツ

施工管理の仕事は現場の責任者としての器を求められます。業務内容や建築に関する知識、マネジメント能力、コミュニケーション能力などが問われます。施工管理の求人に応募する際には、そういった面を意識してアピールできるとよいです。資格を持っている方で経験がある方であれば、大手ゼネコンの求人にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。大手ゼネコンであれば将来的な昇給や昇格も期待できます。面接ではこれまで積み重ねてきた経験や知識をしっかりアピールし、建築への情熱をアピールすることが大切です。施工管理の求人は安定して行われており、条件に合った求人をじっくり探すのもよいです。給料だけでなく、勤務体系、給与、休日などの条件の中から優先順位を決め、こだわりに合った求人を見つけましょう。

未経験でも大丈夫、施工管理の求人に積極的に応募してみよう

施工管理は資格を持っていない方も、これから学びたいという方も、建築現場未経験の方も応募できます。施工管理という職種は将来的にもなくなることはなく、建築、土木、電気などの分野において必要不可欠な仕事です。経験を積みながら資格を取得するという働き方もおすすめです。その際は資格取得支援制度がある求人を選ぶようにしましょう。資格取得までにかかる費用をサポートしてくれます。未経験の方であれば、建築への情熱、仕事に対するやる気、気力体力共に元気であることを前面にアピールしましょう。経験者に比べると未経験者では給与の設定が低めスタートではありますが、経験と資格取得で追いつくことができるやりがいのある仕事です。ひとつのものをチームで一丸となって作り上げる喜び、達成感は大きいです。ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。