施工管理関連の求人で持っている資格を活かそう

東京オリンピックが開催される2020年まで目前となった今、施工管理の求人を探している方にはチャンスの時期です。海外需要を見込んで新たな地区が開発されたり、街やブランドを一新するために日本中の多くの企業が商業施設等の開業、店舗のリニューアルを視野にいれたりしています。また、それだけではなく都心での持ち家思想も高まっていることでタワーマンションの建設や周辺環境の整備需要が持ち上がってくるなど、施工管理会社にとっては期待のできる時期となっています。しかしそんな中だからこそ今この業界は人手不足に陥っています。経験者や資格保有者はもちろん未経験の方でも施工管理関係の仕事に就くねらい目の時期です。今回は経験者のパターンと未経験者のパターンのそれぞれで施工管理関係の求人へのアプローチの仕方を見ていきたいと思います。

施工管理の会社ですでに働いた経験がある場合

同業他社に転職を考えている場合とても有利に求人を探すことができます。現在の建築業界は経験者の取り合いから逃れるため未経験者をあえて採用し、今後会社にとって戦力になるように人材育成に励んでいる最中です。業界全体で人手不足が叫ばれているので知識や経験のある人の場合ほとんど即採用につながり、引く手あまたの転職活動となるでしょう。しかし自分の希望に沿った会社を選ぶためにはそこでさらに他者との違いをアピールしなければなりません。そのためには資格取得が最も効果的です。国家資格である施工管理技士はもちろん、建築業界では持っておいて損のない一級建築士の資格もとても有利なカードです。もし希望の会社に入れたとしても人事異動や別の仕事を割り当てられた際に割と幅の利く資格です。また、保有しているだけで昇給や昇格の際に有利に働くケースもあります。ライバル達から一歩リードするためにも是非取っておきたい資格です。

資格持ってない場合は資格取得支援を行っている会社がおすすめ

施工管理の会社といっても、商業施設を造っている会社や公園や緑地を造っている会社など様々あります。まずは自分がどんなものに興味があるのかを把握し、適切な施工管理会社の求人にアプローチをすることが重要です。造っている対象によっては保有するべき資格も変わってきます。会社としても募集をかけた際に同じような未経験の人たちが来た場合、保有している資格や知識がある者を採用するはずです。人手不足ゆえに未経験でもチャンスは十分あります。しっかりと下調べをし、事前準備をしてから臨みましょう。また、会社によっては未経験者の存在を見越して資格取得支援をしている会社もあります。先程から言っているように国家資格である施工管理技士の資格や一級建築士の資格を取ってしまえば監理技術者や主任技術者として重要なポジションを任されたり、万が一転職する際にも有利に駒を進められたりします。